トーヤの創作メモ

漫画・小説紹介 / クリエイター向け情報 / 制作日誌

【創作小説】窓際ヒーローズ 1-1

窓際ヒーローズ 1-1

 緊張の一瞬――、破壊。全身の筋肉に意識を集中し、踵から爪先に緩やかに自重を乗せ、滑るかのように無駄のない蹴りを入れる。教わったとおり、薄汚れた木扉を蹴破り室内に押し入った。できるだけ低い声で、眉根を詰めて、
 「動くな! 国務警察だ!」
 室温コントロールに慣れきった身体では、雪の一夜すら越せない。白く変わる吐息を眺め、元々崩れているツラをさらに歪ませる。部屋の中心に立っていた禿頭の白人男性は、シュヒの姿を見留めるやいなやヒッと引き攣れた声を上げた。
 身震いを必死に抑え、シュヒは拳銃を構えながら凄む。
 「いいか動くなよ! それとも耳の穴をもう一つ増やしたいか」
 捉えられた男は狼狽え、案外素直に両手を上げた。シワの刻まれた目元が、眼前の青年――シュヒ=ロウの姿を注意深く映す。
 恐らくアジア系だろう。年の頃は二十歳と少し、いかにも悪人という汚い面構え。傷んで癖のある黒の髪、国務警察のエンブレムが付いた黒のジャンパーに黒のパンツ。唯一特徴的なのは目だ。げっそり隈に縁取られた瞳は、黄水晶を思わせる、派手な金色をしている。男は喉仏を鳴らし、硬直した。
 熱反応感知は感知していない、つまり仲間が隠れている可能性はない。シュヒは鋭く辺りを見回した。安くボロボロのアパート内だったが、二部屋をぶち抜いて作った部屋らしく、かなりの広さがある。モルタル剥き出しの部屋には、家具はおろかカーペットすら見当たらなかった。代わりに大量のケージが所狭し、城塞を作るかのように積み上げられていた。細い金網の向こうには、大きさも容貌もさまざまの『宝石』が鳴き散らかしている。
 本物の犬だ。
 やっぱりかー……。金の瞳をいたずらに細める。
 「この犬を管理してるのは君だね。この小汚さじゃ動物愛好家には見えないけど」
 「あんたこそ、こんな深夜に何の用だ?」
 シュヒの腕章を一瞥し、彼はさらりと続ける。
 「落ち着けよ、犬を売るなって話だろ? でもよ、都市部では安く犬を買いたいやつがいるんだよ。需要と供給さ」
 一見流暢な男の台詞には汗がにじんでいた。シュヒは彼を追い詰めようと口を割った。ごまかしきれない声の震えは、緊迫感の演出になるだろう。え……、なるよね!?
 「自分のやってる事がいったい何なのか、いちいち罪状を読み上げないと分からないのか? 文書偽造、ネットワーク登録なしでの生体販売、不適切な環境での動物飼育は都市法違反。一部の業務内容はヴァージニア条約にも抵触してる」
 「法律なんてのは守るメリットがあるから守るんだよ、わかんねぇか? 機構都市のエリートちゃまは、お勉強のしすぎで頭がいかれたらしいな」
 「そのイカれたやつに捕縛される気分はどうだか、あとでじっくり聞かせてくれよ」
 「ハン、言うじゃねぇか。俺はな、庶民の手で経済を回してるだけさ。神様もいねぇんだから、神の見えざる手なんて旧市街にはありゃしねぇよ。金のためなら何だってするのが自然な人間だろ」
 「裏マーケットじゃお役人には金が落ちてこない。君たちが金のために手段を選ばないのなら、こちらも同じだ」
 内心冷や汗ながら作った嘲笑に、男は肩を震わせる。場を掴んだ、シュヒは確信した。犯罪者フェイスの唯一の利点! 神様仏様ありがとう……!
 「そりゃあ二十年前なら良かったさ。この地区には昔、ディスプレイの生産工場があった。でも、空間投影技術が発達したもんだから、工場は閉鎖、俺はリストラされた! 結局技術の恩恵は全部、都市部の奴らが持っていきやがったしな」
 男の恨み節の内容は、シュヒもよく知っていた。仕事でよくうろつくこの辺りは、低所得者の住まう街となり、犯罪発生率は右肩上がり。それでいて、警察は犬探しに公費を投じてるんだからばかばかしい。その金をこの街の雇用創出にでも使えばいいのに……。
 同情の気が彼にも伝わったのだろう、男は一転して恭しく頭を下げた。か細い声で、
 「こっちにも生活がかかってる。どうにかならないか」
 薄汚れた掌が、シュヒの片手を包み込む。離した後、手の中には――古びた紙幣が五枚。男の縋るような目線を、シュヒは瞬きで断ち切った。冷たい声音で、
 「裁判費用の前払いとは殊勝だね。でもね」
 「な……」
 シュヒはおもむろにライターを取り出し、紙幣の角に炎を近づけた。
 「現ナマは時代遅れだよ」
 炎は紙幣を包み込み、あっという間に舐め削り始めた。紙幣はしなり、ひしゃげ、妖艶に溶け落ちる。白と橙を纏ってうねる姿は、まるで別の生き物のようである。
 「お、お前ッ、俺の金を…………!」
 絶句する男を片手で静止する。やがて炎はクライマックスを迎え、足跡には黒い花が咲いた。背後から舌打ちが聞こえる。
 「国務警察なんて言うが、たかが犬泥棒にご苦労なこった。給料ドロが!」
 男の目には、紛れもない侮蔑の感情が含まれていた。激怒のまま傍らの空き瓶を引っかざし、シュヒの脳天めがけて振り下ろす。シュヒは無感動無表情のまま、空き瓶を片手で難なく受け止めて背後に投げ捨てた。
「僕は窓際で、君は日陰者だ。それだけさ」
 シュヒは、ロボットに連行されていく男の背に向け吐き捨てた。それから、獣の匂いで蒸す部屋を見渡す。
 あの男の正体は、狭苦しい部屋で飼育される犬たちと何一つ変わりはない。日陰者の彼の背に、いつか陽が当たる日は来るだろうか。シュヒは哀しいため息を漏らす。

 ここ数年、所得格差は開くばかりだ。ペットを買う余裕のある家庭の減少、排泄や去勢等世話賃がかかる『本物の』犬の人気下降から、ブリーダーは次々と廃業し、わずかに残る血統書付きは値段を吊り上げた。そこに目をつけたのが、郊外に住む低所得者。捕まえた野良犬や繁殖させた雑種犬に偽造血統書を付けて売る。
 犬の質が下がろうが僕には無関係と思ったが、お上の関心は犬の質ではなく反抗する市民の存在らしかったので、シュヒは黙った。まったくディストピアである。
 犬の吠え声に背中を叩かれながら、シュヒは部屋の奥の窓を開けた。温度調節システムもない極寒の中、身震いを激しくする。肌のあちこちがぴしぴし軋む。
 遠く窓の外では、人工光が夜空からビル群を切り取っていた。爛々と光るオレンジ、イエロー。六つの巨大な建造物が円状に連なり、ビル間は半透明のパイプで繋がっている。人工的でしかし美しい夜景。いっぽう、街の近くは細々と明かりが灯る程度だ。わりに近くから銃声が聞こえた。
 シュヒはおもむろ窓際の枠にもたれかかり、自分の描いた絵を見つめる子どものように目を細めて、眠らぬ街――機構都市を眺めていた。

 安アパートは男の所有物で、大量の犬を無計画に繁殖させていたらしい。中には栄養状態の悪い個体も散見された。わんちゃん、かわいそう……。
 いたたまれなくなったシュヒは男の部屋から出たが、犬のケアや証拠の捜索を同時にこなせるほど器用ではない。ひとまずは任務に集中しようと、懐から、いくつかの立方体を取り出した。十センチ四方の白い箱を床に放ると、角が青白く輝く。
 『捜索システムを起動します』
 「うん、うん」
 人工音声に生返事を返す。立方体は床から五センチほど浮き上がって、部屋を出ていった。
 シュヒはジャンパーの上からその身を抱き、廊下の壁に背中を押し付けた。そのままずるずるとしゃがみ込む。
 「……僕、やっぱりこの仕事に向いてないよなぁ~!!」
 ため息とともに弱音が漏れる。髪をわしゃわしゃと掻いた。

 『そりゃあ二十年前なら良かったさ』――。男の言葉を噛みしめる。確かにたった二十年で、世界はあまりにも様変わりしてしまった。
 元凶はシュヒが生まれる前に遡る。アジアの小国で開発された薬を巡って、二大国陣営の対立が復活してしまったのだ。結局薬のレシピは闇に消えたが、前世紀の遺物はあっという間に世界を飲み込んで、これまでにない不景気が始まった。
 発展が行き詰まると、公共事業が起こるのは経済政策の常だ。移民が溢れ格差が広がる合衆国も例外ではない。二十年前、時のリーダーは海上を埋め立て、科学研究開発の拠点となる新たな州――『機構都市』を建設した。 だがその程度で、長らくこの国に積み上がってきた格差がなくなるはずもない。知的技能を持たない労働者の地位は低く、老人や病人などは郊外に追いやられている。生産性。その言葉の上に、市民は全く無力だ。

 シュヒはおもむろに、拳銃をこめかみに押し当てた。髪の間を縫って脳天に密着させ、喉仏を浅く蠢かせる。そのまま引き金に指を掛け、引いた。
 沈黙が続く。
 瞬間、シュヒの眼前に薄い板が出現した。手のひら大ほどのそれは、一瞬白く光ったかと思うと、どこかの部屋の風景を映し出した。
 映っているのは、燃えるような赤毛が特徴的な青年。整った顔立ちが背後のディスプレイ光に照らし出され、ミステリアスな雰囲気を醸し出している。彼は表情を崩しゲラゲラと笑いだした。
 『玩具で遊んで良いのは子どもまでだよ! シュヒくん』
 「アダルトチルドレンなので」
 死んだ魚の目のまま、彼から聞きかじった言葉を返す。
 そもそもシュヒは武闘系ではなく、手に持つ銃はイミテーションだ。ダウンタウンではとっくの昔に実銃は廃止されているが、郊外は技術革新の波に取り残されているので、田舎者への威嚇には古臭いグッズが必要なのである。
 そして、この画面に映る青年こそ、シュヒの上司・レトルトだった。
 『開き直るとは君らしくない。サツキ病?』
 ゴガツでは? とシュヒが指摘すると、レトルトは拗ねてスナックを口に運んだ。懲りない上司に、シュヒは額を押さえて俯いた。五月どころか晩冬ですって。
 シュヒは大学院を卒業してすぐ、国務警察補佐課に配属された。補佐課設立の日、シュヒの乏しい社交性とレトルトのかたくなな精神が原因で二人は大喧嘩をした。翌日、レトルトは暗い茶の髪を真っ赤に染めて出勤し、シュヒはそれを無言の殺害予告と捉え、以後は穏やかな関係を築いている。シュヒはこの陽気でパワフルな上司にやや辟易しているふしがあった。
 上着の汚れを払ううち、画面の向こうのレトルトが口を割る。
 『程々にしておけよ。賄賂を受け取らなかったのは偉かったし、ノルマは無事達成された。祝杯をあげようじゃないか』
 上司に監視されている傍から賄賂なんてこっちが逮捕されてしまうのに、何言ってんだクソ上司。とはいえ、燃やしちゃったのはちょっとやり過ぎだったかなあ!?
 『声出てるぞクソ部下~!』
 「たかが犬事件くらいで祝杯あげてちゃ世話ないよ……。国務警察、なんて御大層な名前を背負ってるんだから、悩みある市民のために働きたいのに」
 『俺の悩みは、君の彼女いない歴がイコール年齢なことぐらいだ』
 「その心配はいらないわ!」
 空中に投影された通話画面を、右手で叩き割る。すると左側に新しい画面が展開された。映るレトルトは暇そうに菓子を摘んで、
 『いいじゃないか、機構都市に大きな犯罪なんてないんだから! あったとしても俺らには回って来ない、残念ながら!』
大仰にのたまうレトルト。
 「郊外の治安は放置、都市に害がありそうな案件はしょぼい補佐課に一任。これじゃ権力の犬だ……国務警察ってこう……もっと人のために働いてるんだと思ってた。なんで、罪を盾に弱い人を追い詰めるような仕事しなきゃいけないのかな」
 『そりゃシュヒくんがよっわいからじゃねぇの? 俺は下層の現場上がりだけど、悪党と大立ち回りしてたし』
 「辛辣ぅ!」
 叩き上げは総じてシビア。シュヒがため息を漏らすと、画面の向こうのレトルトがニヤッと笑った。
 『権力の犬がお上に不満を吐くなよ。飼い殺されるのって背徳的でゾクゾクするだろ?』
 「こ、この上司気持ち悪い! 僕もうここ辞めたい!」
 『君さえ辞めれば、補佐課が消滅するから大歓迎だ。さ、とっとと捜索を終えて、本部に帰ってくれたまえ。――ああそう、ヒューマニズムは用法用量を守っとけよ。浸ってばかりじゃ馬鹿になる』
 レトルトは、赤髪を人差し指で弄びながら言い放つ。真っ暗になった画面がぱっと掻き消えた。クソ上司め!
 一応管理職で、そのうえドMを自称するクソ上司にはいい環境かもしれないが、シュヒにとっては話が別だ。こちらは左遷された先でしょうもない仕事を続けて、そのくせ給料までしょうもない! レトルトらしく言えば、自己効力感のない毎日だ。大きく大きく吐いた息は、眼前で白く靄を作って消えた。
 そこでシュヒはふと、捜索マシンの通知に目をやる。犬、コイン、毛布――押収という名の回収を果たしたモノの一覧。それを目で追う内――シュヒは違和感に声を上げた。
 『人間』
 人間? シュヒは眉根を寄せた。
 レトルトから聞いた話では、男は単独犯のうえ、このアパートは犬の飼育用のため、他に出入りしている人間はいなかったはずだが。恐らく犬の生体反応の誤検知だが、警戒に越したことはない。
 「ゼロ、対象の位置データを」
 パネルにアパートの間取りが表示され、屋上に続く階段に赤い印が灯っていた。慌ててそちらを見やるが、人の気配はない。
シュヒは震える足を叱咤し、コンクリートの階段に向かう。恐怖からか、心臓の鼓動が跳ね上がっていた。
 「……『これ』だよね?」
 シュヒは踊り場から、階段の末を見上げた。屋上へ続くドアに、誰かがもたれかかっている。変色した血が周囲にぶちまけられており、鉄っぽい嫌な匂いが充満していた。手で口を覆いながら、シュヒはその黒い影に恐る恐る近づいた。
 まず目に入ったのは鮮やかな赤、そして透き通った白。そして、その輪郭を掴みきってやっと、シュヒは鋭く息を飲んだ。
 (え、えぐい……!)
 真っ白い腹に鮮血を塗りつけた美少女が、ドアにもたれかかって座っていた。シュヒは呆然と、彼女に近づいていく。階段を駆け上る靴音が静寂に響く。
 整った顔は苦痛に歪み、もはや意識も朦朧としているらしい。純白の肌と髪は、返り血か彼女自身の血か判別できないほど真っ赤に濡れていた。服と形容できそうなものは一切身につけておらず、ボロボロの布切れが申し訳程度に身体を覆っている。
 なぜ血まみれなのか、どうしてここに居るのか、こういう時はどうすれば良いんだっけ?喉仏を鳴らす。マニュアルに無いことはやっぱりよく分からないが、国務警察という職種上、このまま踵を返す訳にもいかなかった。
 「あ、あのぉ……もしもしー?」
 僅かに震える声で問いかけると、深い空色の瞳がわずかに蠢き、シュヒの金の瞳を射抜く。視線がかち合い、シュヒは身をすくめて狼狽した。
 「大丈夫ですか?」
 言ってから、いや大丈夫なわけないじゃん! と内心で反省した。少女の唇がかすかに開く。
 「っあ……しゅひ、っさ……ん」
 ……え?
 シュヒは硬直し、歯を噛み締めたまま唇を歪める。吸おうとした息が喉に引っかかって、奇妙な声が漏れた。たどたどしい口調で名前を呼んだ少女は、安心したかのように力なく笑って、そのまま床にくずおれた。
 ――は!? は!? は!? 見覚えのない少女に本名を呼ばれ、彼のパニックはさらに深まるばかりだった。何といっても彼女いない歴イコール年齢、女性とまともに接触したことすらないのだ。ファーストコンタクトこんなんじゃ失敗です神様仏様!
 「どうすればいいんだよぉぶっおわああああああああ!?」
 泣き言は妙な響きの悲鳴に変わり、シュヒは勢い良く後ずさった。少女の首と臍に取り付けられた小さな黒い機械が、激しい音とともにそれぞれ青白い光を放っている。全く同じ形状の機械を記憶から探り出し、シュヒは僅かに冷や汗をかいた。
 連邦が開発し、すべての市民に装着を義務付けている管理装置。拷問などで国家機密を漏らしそうな時や、連邦への革命を目論んだときなど、国家体制への危険が生まれた際に市民の命を奪うという。
 ――そういえば先程の台詞は妙に拙く、イントネーションも変わっていた。この少女は連邦市民なのだろうか?

 連邦。もとは美しい国だったと聞くが、薬物利権闘争のさなかで裏社会の勢力が政府と癒着し、荒廃の一途を辿っている。人道がない、というのが反連邦派の決まり文句だが、その点は機構都市も大して変わらない。
 ギミックのランプは激しく点滅を始める。ぶうううううん、ぶうううううううん、嫌味な音があたりに響いた。この苛つく音、どこかで聞いたことがあるような気がする、ああそうだ、旋盤加工工場の見学に行った時の音と同じだ。唇を歯で何度も噛み、おどおどと彼女に駆け寄った。
 『警告:生命反応の悪化を確認。機密保持のため、管理対象を三分後に爆破します』
 「ほげええええええええええええええ!?」
 生きてさえいれば、捕縛してブレインスキャンにでもかけて国家機密情報を盗用できる。それを恐れてのことだろう。
 足が竦み、手が強張り、口の中がきゅうと渇く。シュヒは青ざめていく横顔を見ながらも、唇をきつく引き結ぶ。彼女の身体の傍にかがみ込んだ。
 敵市民らしい見知らぬ少女が、瀕死で倒れていたらどうするべきか。そんなもの業務マニュアルに書いているわけがなかった。だが、人間としてその答えを知らないわけがない! シュヒは臆病なりに、人一倍の正義感を宿していた。それに――、いや。シュヒはそこで思考を断ち切る。
 ギミックの解除、要点はただ一つ。瞳の金は澄み切っていた。
 「落ち着いて! 今すぐ装置を解除する!」
 シュヒは上着を脱ぎ、剥き出しの傷口にきつく巻いた。膚をさす厳寒などもうどうでもよかった。少女は薄目を開け、
 「もう……それができたら、わたしも……やっていた。できない……」
 「大丈夫! 出来るよ」
 シュヒは表情も変えずに言い切る。少女の身体をスキャンすると、空中に負傷状況が表示された。右腕と下腹部に銃創、全身に擦り傷。どれも酷い怪我だが、失血死まではない。柔肌に触れられ、少女は悲鳴を漏らす。
 「い! た、ぁああっ、ん」
 「きみは連邦出身だよね? 連邦の東にある都市国家では最低気温マイナス60℃って聞いたよ。ねえ知ってるかい、マイナス60℃ってのは、飲食産業において魚介類の保管に使われる冷凍庫内の温度と同じらしい、ぼくもかなりな雪国の出だけど、冷凍庫で暮らせるほど寒さに強くはないなぁ」
 捲し立てる。彼女は唐突な話題の切り替えを疑問に思ったものの、痛みから気を逸らせるようにという彼の気遣いと、誤魔化そうとしても肥大する彼の不安に気づいた。シュヒを安心させるために無理に笑みを作った。
 一方のシュヒは、展開した画面にしきりに目をやりながら、ギミックの構造を慎重に確認していた。市民の状況をモニタリングして遠隔爆破命令を出せるのだから、何らかの形でネットワークに接続しているだろう。見る限り、ネットワーク接続さえ切れば爆破は防げそうだ。
 ん!? 個人が敵対する国家の通信接続割ったら、サイバー攻撃とかなんとか責め立てられて国際問題になっちゃったりするんだろうか!? うーん……!?
 シュヒは半眼になり、冷や汗をにじませる。
 「まあ折衝はレトルトさんの管轄だよねっ!」
 こういう時こそ働け! シュヒはいくつかのパネルを展開した。脳裏に彼のセリフがリフレインする。
 『ヒューマニズムは用法用量を守っとけよ。浸ってばかりじゃ馬鹿になる』
 ――クソ上司! 残念なことにシュヒは、利己主義やニヒリズムに全く馴染めない。左遷された先でも、まだ誰かの力になれるのではないかとほざいている。
 「ぐ、ぅ……!」
 少女は、震える手を腹に添えた。シュヒは再度歯を食いしばる――それでも、スタティックな非情を打ち破るのだ!

 

 ありがとうございました!

f:id:yes108:20171220210428j:image

感想や「読んだよ!」を伝える☆など頂けるとうれしいです!!

pixiv版はこちら!

「窓際ヒーローズ1-1」/「東夜@創作」の小説 [pixiv]