トーヤの創作メモ

漫画・小説紹介 / クリエイター向け情報 / 制作日誌

Web廃墟に残された痛小説が好きだった

✝︎ようこそ✝︎

あなたは415411人目のアリス……

闇に囚われし籠の鳥……

恒久の夢、見テミタクナイ……?

 

自分はこういう中二ポエムを書いたことは無いのですが、イメージとして。

 

✝︎創作サイトを閉鎖した✝︎

f:id:yes108:20171118005737j:image

アイマイポップ | ナノ

このサイトを昨夜閉鎖しました。ご存知携帯向けサイト作成サービス・nanoです。

相互リンクサイトは更新停止・終了しているものがちらほら。思えば自分も数ヶ月放置してたし、最近はブログやSNSでの作品発表に注力しており、サイトに手が回らない状況でした。よって正式に更新終了。

中途半端な終わり方ですが、創作そのものは続けますし、利益の見込めないものにリソースを割くわけにもいかず。しょうがないかなという感じです。

 

✝︎携帯同人サイトとの出会い✝︎

ナノとの出会い

時は2011年、学生だった自分は「NO.6」にどハマりしていました。NO.6といえば美少年によるお耽美な話、もといBLアニメとして有名ですが、自分が特に好きだったのはマイナーキャラ。

f:id:yes108:20171117235239j:image

公式情報だけでは飽き足らず、インターネットの海へ彼女を探しに行き、出会ったのが携帯同人サイトでした。同じサービスなのに色々なデザインがあるのがオシャレでしたね。

その後、通ってきた同人ジャンルでもエムペ・nanoなどのサイトをよく見かけるようになりました。

 

お題サイトとの出会い

ROM専からつくり手に回ったきっかけはお題サイト。某漫画に熱をあげ、pixivでお題サイトなるものの存在を知りました。

確かに恋だった[お題配布サイト]

創作がもっと豊かになる!お題配布まとめ - NAVER まとめ

「これなら自分にも出来るかも」そんな思いでエムペに登録。自分のお題サイトライフが幕を開けました。

作ったお題は数を増やし、小説を連載し始め、遂には謎の二次創作百合まで載せ始めたのでサイトはカオス。

ナノに移転したのは2014年の夏でした。2010年前後のSNSへの大移動を過ぎ、携帯同人は廃れていましたが、ドピコ一次創作に媒体は関係なく、作風にあわせてサイトをカスタマイズするのは楽しかったです。

 

携帯同人サイトの思い出

f:id:yes108:20171118005941j:image

2014年からは「美術部戦隊ヒマナンジャー!」「ぷにっとるーる」「死体はともだち」などのオリジナル小説・漫画を掲載しました。「稀透明化計画」「SF×POLICE」は打ち切りました……。

 

  • たくさんの交流

まずは拍手で記名コメして、好感触ならメールのやり取りをして、仲良くなったお友達がいくらかいました。オリキャラの描き合いをしたり、意見をぶつかり合わせたり。

リンクは、オリキャラ描いてもらった交流の痕跡。→頂/捧 | ナノ

最近の出会いはほとんどTwitterになりました。気軽に話しかけてください!
東夜(⊃•̀ω•́)⊃✎ (@eastohya) | Twitter

 

  • フリイラ

「フリーイラスト」文化、ありましたよね。アクセス数〇hit記念やサイト〇周年記念にイラストを描いて、転載自由として自分のサイトに掲載する。記念日を大事にするのは女の子の特権。

 

  • 作品盗作

うごメモの名残で、学生たちが集まる掲示板で話していたところ、少しヤバい人に捕まり、サイトに載せてた小説を盗作されました。ネット怖いね。

 

  •  つねさんの執拗な勧誘

一次創作ジャンルの同人サイトにやって来る、文芸サークル勧誘メール。

お友達がたくさん出来て投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?

「月刊ハッピーネットワーク」……というのにはご注意を! - 帰ってきた みんなのハッテン場

毎月3000円の会費で200ページの同人誌送られてくるゾ☆

180人以上の会員って……。開設してまもないこのブログの、1日のPV数と同じくらいですね。

まあ普通に詐欺集団なのでご注意を。よっぽどのキッズじゃない限り気づくと思いますが、念の為に。

 

✝︎管理人が謝りたいこと✝︎

雨ふる本屋 (単行本図書)

雨ふる本屋 (単行本図書)

 

「雨降る本屋」という児童書は、「おしまい」の文字を書いてもらえなかった未完の物語が集まる場所のお話。大学ノートにいくつも作品を書き初め、1ページ書き終わらないうちに次の作品を始めていた、学生時代の自分にはかなり刺さりました。

また、成長してWeb廃墟となったサイトを巡っていると、とても面白い作品を見つけることがありました。しかし物語の続きを何年待ち続けても、結局、「終わり」が打たれることはありませんでした。

自分は、打ち切ってしまったWeb漫画のキャラクターと、読んでブックマークしてくれた人達に、力不足のせいでごめんねって言いたいです。

未完の作品に触れ、胸を満たす寂しさは何度も味わってきました。だからこそ自分は作品の完結にこだわり、拙いながらも最後まで書き上げてきたつもりでした。今回、打ち切ってしまったマンガは必ず書き上げます。

とりあえずは新作に集中しますが、実はこの「窓際ヒーローズ」も、過去打ち切った作品のリメイクです。

自分は、作品を「廃墟同人サイトの遺物」にはしないつもりです。

 

さて、みなさんが「携帯同人サイト」を手放したのはいつでしょう。

Web廃墟はまだ残っていますか?

あなたが愛した作品はまだ残っていますか?

例えSNSに活動の場が移ってしまっても、あの頃の想いが色褪せないで、皆さんの創作が幸せなものであることを祈ります。

 

 

 

pixivはこちら「東夜@創作」のプロフィール [pixiv]