トーヤの創作メモ

漫画・小説紹介 / クリエイター向け情報 / 制作日誌

【血界戦線Beyond】6話感想 ゆっくり寝ようねスティーブン

先日の「月曜から夜ふかし」で、EDテーマ「ステップアップLOVE」が流れてました~! そして今回の6話「ゲット・ザ・ロックアウト」は……締め出される話。

 

あらすじ:ゲット・ザ・ロックアウト

レオとザップが取っ組み合いのケンカをしている隣では、鬼の形相のスティーブンが震災召喚のデータを解析中。ライブラ本部では、相も変わらず賑やかな日常が繰り広げられていた。

……とそのとき、本部のすぐそばにドクター・プラナリオが出現! あわてて現場に駆けつけ、すぐさま事態の収拾にあたる一同。

しかしその後、事務所に戻ろうとした彼らは、中に入れなくなっていることに気づくのだった。しかも事務所を埋め尽くしていたのは、巨大な羽虫の群れ。しかも彼らはわずか数十分の間に知性を発達させ、自分が神になるまで、事務所を占拠すると宣言する。

完璧な防護を誇るライブラ本部に、手も足も出ないクラウスたちだったが……。

 

アバン:レオの回想

ザップと共に任務に出たレオだが、相手は目を持たない異形だった。ザップに蹴飛ばされ襲ってきた異形にぶつかり、レオは失神してしまう。

f:id:yes108:20171114202500j:plain

f:id:yes108:20171114202515j:plain

気合……いや、戦闘の天才ザップならどうにかなるかもだけど! しかも「危ねぇレオ!」で蹴っ飛ばしてるし!

 

f:id:yes108:20171114202828j:plain

レオ「だめだ、だめだ! ミシェーラ! 君が背負い込むことはない!」

意識を失ったレオは、かつて義眼を得た時の思い出を視る。上位存在と、強いミシェーラと、勇気のなかった「卑怯者の自分」―。

この兄妹、どっちも優しすぎる。ミシェーラだって、レオが「背負い込んでる」と知ったら、「もうしっかりしてよお兄ちゃん」なんて励ましてくれるはずだから。レオはいつか、この自責の念に飲み込まれて良くないことに巻き込まれそうですね。……いや、だいたいそうかも……。

 

Aパート:数徹ブンさん

f:id:yes108:20171114203242j:plain

マグラ「恐らく、この義眼を摘出をするのは治療行為ではない。言うなれば、神性存在との契約の一方的破棄」

エステヴェス先生に義眼を見てもらうも、妹の足や目を取り戻すのは難しいと言われ、思い悩むレオナルド。

ちっさい先生も可愛いですが、ルシアナ先生合体するとすごい美人ですよね。時計もオシャレ。

 

f:id:yes108:20171114203457j:plain

目をパチッ! と自然に開くのいいなぁ。最初にビジュアル見た時「何だこのキャラ、白目無いし超怖い……」って驚いてたんですが、今は視る度「きれいだな~」という感想しか出てこない。美しく青き義眼。

そんなレオは自責を重ねながらライブラへ。とぼとぼ歩くな陰毛。少女時代のミシェーラ可愛いなぁ、兄妹の顔面格差がよくわかりますね

クラウスの姿に「光に向かって一歩でも進もうとしている限り、人間の魂が真に敗北することなど断じて無い!」との言葉を思い返しますが、気分は晴れないまま。

 

 

辛気臭いレオを蹴っ飛ばしたのはザップ。後に続いてツェッドもやって来る。

f:id:yes108:20171114204221j:plain

またこの構図か(一期一話)

ザップ「邪魔だ陰毛」
レオ「単語だけで呼ぶのやめろよ! すっげー屈辱じゃん!!』
ザップ「あーはいはい」

f:id:yes108:20171114204251j:plain

ザップ「陰毛様」
レオ「人を下の毛を統べる者みたいに言うなー!」
ザップ「ああやるか陰毛殿?」
レオ「やってやんよ畜生! やってんやんよ!」

f:id:yes108:20171114204715j:plain

 レオ「ぎゃぁぁぁぁ痛い痛い痛い!」
ザップ「絶滅しろ陰毛星人!」
レオ「お助け!お助け!」
ザップ「最高だなこの泣き声!」

チンピラと喧嘩する新聞記者……いや十分勇気ある陰毛王。二十そこそこの大人が職場で何やってんだ。

そしてやっぱり怒るスティーブン…けどメッチャ笑顔!さすがの二人も怯えながら後ずさる。

f:id:yes108:20171114205029j:plain

どうやら仕事が立て込み、ボロボロのスティーブンさん。甘いマスクには無性髭が目立ち、髪の毛もみだれています。これは十徹の目だ。エナドリの空き缶やばいし。

 

クラウス達が仕事を進めている隙に、謎の虫が侵入。ザップやクラウスも気づかない中、産卵を終える。

f:id:yes108:20171114205515j:plain

  その後、仕事に駆り出されたライブラメンツは、なんとオフィスから締め出されてしまった。……HLってコンビニあるのか。

 

Bパート:ライブラを取り戻せ!

レオ、クラウス、ザップ、ツェッドたちで捜索するも入口は見つからず。

鍵屋の息子・ユリアンが奮闘するものの、完全にロックされているとわかり、焦燥は増すばかり。

f:id:yes108:20171116195104j:image

 気だるげな喋り方といい、海外ドラマのハッカーキャラって感じ。素敵。

 

そして登場、チェイン皇!!

彼女は颯爽とライブラに向かうものの、電撃に巻き込まれる。

f:id:yes108:20171116195216j:image

f:id:yes108:20171116195222j:image

即座に存在を希釈し、斗流血法コンビの協力もあって無事に着地!

f:id:yes108:20171116195238j:image

彼女が見たものは―ライブラいっぱいの巨大ガガンボ!!

ガガンボって何? って検索したらもうグロかったです。よく見かけて「これ何だ?」とか言ってたけどあれガガンボって言うのか。

チェイン色っぽい……そして小林さんの声キレイ……。

 

そこへ、K・Kが「電撃弾をブチ込む!」と電話を掛けてきて大慌てのスティーブン。

クラウスの携帯にも電話がかかってくるが、話しかけてきたのは未知の生物だった。謎の声は進化を遂げ―「ライブラのオフィスを占拠した」と告げる。言葉通り、警備レベルが上がっていくライブラオフィス。

 

落ち込むライバルメンバー。しかしクラウスはやはり諦めなかった。

血を使ってライブラの壁を上り、上階から侵入するというのだ。無茶と諌めるザップに、クラウスは、「大丈夫だ、私は鍛えている」……。脳筋紳士。

視界確保用にレオを連れ、壁を上るクラウス。体格差がトトロとメイ。

f:id:yes108:20171116200310j:image

K・Kの陽動作戦中に侵入! 虫のせいで大爆発が起きたそのすきに、ユリアンが親父の残した「鍵穴」を解錠!!

 

f:id:yes108:20171116200555j:image

f:id:yes108:20171116200559j:image

f:id:yes108:20171116200602j:image

 クラウスの一撃で虫の王を倒す!

 

f:id:yes108:20171116200930j:image

この後、スティーブンとチェインは、災厄を召喚しようとした不届きものを制裁。締め出され事件と三つのトラブルは、なんとか一件落着するのでした。

可愛いお姉ちゃんのその後はありませんでしたが、原作ではピンピンしてたのでご安心を。

 

ライブラオフィスは大掃除を行うものの、破壊の跡はなかなか直るものでもない。ダイナーに向かったレオとザップを待ち受けていたのは…………

f:id:yes108:20171116201320j:image

休憩時間のはずが、心が休めない……!

 

6話感想:まとめ

今回は三つのトラブルが襲い来る濃い話でした。尺の長い話を削って詰めたので、ツェッドさんの出番とか削られてましたね。自分がバイブルと崇める「NO.6」のアニメと比べたらめちゃめちゃ綺麗に原作なぞってるので不満はありません。(NO.6もいいぞ!)

そうそして! 次はツェッドさん回「鰓呼吸ブルース」! 後輩思いの頭のまともなザップさんが見れると想うので楽しみです!

お読み頂きありがとうございました!

血界戦線関連記事