トーヤの創作メモ

漫画・小説紹介 / クリエイター向け情報 / 制作日誌

裏社会系エンタメ10選~有名所もマイナーも

 どうもトーヤです。

今回は、血湧き肉躍る『ノワール・裏社会系作品』を紹介していきます。

 

ノワールについてざっくり

暗黒小説、フィルム・ノワール - 小説、映画の一分野。人間の悪意や差別、暴力などを描き出している。闇社会を題材にとった、あるいは犯罪者の視点から書かれたものが多い。

普段から色々なマンガを読む自分ですが、特に好きなジャンルはノワールもの。

紫煙と硝煙の香りの中、ぶっ飛んだキャラクターがそれぞれの美学を貫く姿。

あ、中二病のみんな。現実で犯罪を犯しちゃダメだよ、あくまでマンガの中だから素敵なんだ。

 

各作にあらすじ&簡単な作品解説あり。超能力などファンタジー的な設定が出てくるような作品は『伝奇寄り』、現実に近い世界観のものは『現代寄り』と分けています。

オトナの魅力たっぷりの作品群、どうぞご覧あれ!

 

BLACK LAGOON Blu-ray BOX

BLACKLAGOON

「金は神か?」「力、さ。神よりゃよほど役に立つ。」

【BLACKLAGOON あらすじ】

現代寄りガンアクション。

国立大を出て大手企業に就職した禄郎だが、出張先の東南アジアで運び屋・『ラグーン商会』に誘拐されてしまう。しかし、ラグーン商会に身代金を要求された上層部は、禄郎を見捨てる。失望した禄郎は、ラグーン商会の一員・『ロック』として裏社会で活躍していく!

【BLACKLAGOON 解説】

広江礼威の人気漫画。現在は休載中。アニメ展開あり。ノワール系エンタメ作品を語るには欠かせない作品。

海外ドラマや映画を思わせる重厚な世界観設定、セリフ回しが魅力。今風の絵柄ではないが、画力が非常に高く読みやすい。

ラグーン商会のガンウーマン、ロシアンマフィア、殺し屋などの力強い女性キャラが派手に暴れ回る。

 

 

 

ブラッディ・ウェポンズ (ダッシュエックス文庫)

ブラッディ・ウェポンズ

【ブラッディ・ウェポンズ あらすじ】

現代寄り。学園ガンアクションラノベ

高校生流壱には秘密があった。死んだ両親は世界的な武器商であり、その2人を殺したのは冷酷な弟であるということ。

ベトナム仕込みの美少女スナイパーマイギーク担当のドルヲタ黒人教師リチャード、不遜なクラスメイト菜菜瀬らと共に、両親がばらまいた武器回収のため、そして弟を追うため世界を飛び回る!

【ブラッディ・ウェポンズ 作品解説】

ダッシュエックス文庫発、築地俊彦作。創刊タイトルでありながら2巻で完結した。

ミリタリーに強い作者が海外ドラマを意識して書いたラノベ。世界情勢などの知識がふんだんに盛り込まれており、背景にリアリティがある。

  

殺し屋1(イチ)1

殺し屋イチ

「お前の暴力には愛がない。美しさがない」「――待っていた、お前のような変態を」

殺し屋イチ あらすじ】

現代寄り。殺し屋とヤクザの攻防を描いたバイオレンスアクション。

元いじめられっ子のイチは、22歳になった今、傷口を見て興奮する変態で最強の殺し屋になっていた。ヤクザから破門されたグループのボス・ジジイに命じられ、ヤクザ組長を殺すイチ。しかし、ヤクザのもとに控えるのはマゾでサドな若頭・垣原!組長の敵として、イチは彼に追われ始める……! 

殺し屋イチ 作品解説】

殺し屋ものの名作。イチと垣原の、ベクトルの違う異常性が見どころ。かなりバイオレンス性が強い作品。

三池崇史監督による映画化を果たす(R18指定)。

 

デュラララ!! 1巻 (デジタル版GファンタジーコミックスSUPER)

デュラララ!!

『これは、歪んだ愛の物語。』

デュラララ!! あらすじ】

伝奇寄り群像劇。池袋に上京してきた高校生・帝人。非日常に憧れる彼は、池袋の都市伝説首なしライダー・セルティに出会ったことで平凡な運命を狂わせていく。チャラい幼馴染の正臣や、帝人の想い人である巨乳クラスメイト・杏里も、それぞれ『歪んだ』秘密を抱えていて――。

デュラララ!! 作品解説】

電撃文庫発、成田良悟作。全十三巻だが、現在も外伝や続編が刊行し続ける人気作。アニメ展開あり。

見どころは、ヤクザやシティギャングなど、ブラックでありながらぶっ飛んだ魅力のあるキャラが織り成す複雑な人間関係。登場人物がめちゃめちゃ多い割に挿絵に描かれていないキャラも多いので、アニメもあわせて視聴することをおすすめする。

 

デュラララ!! Blu-ray Disc BOX

デュラララ!! Blu-ray Disc BOX

 

 一時期の人気により勘違いされやすいが、腐向けではなく、男女カプが乱立している。

 

博多豚骨ラーメンズ (メディアワークス文庫)

博多豚骨ラーメンズ

福岡の人口の3%は殺し屋だ。

 【博多豚骨ラーメンズ あらすじ】

現代寄り群像劇。

福岡は一見平和な町だが、裏では犯罪が蔓延っている。

今や殺し屋業の激戦区で、殺し屋専門の殺し屋がいるという都市伝説まであった。

殺し屋、探偵、復讐屋、情報屋、拷問師etcーー、裏稼業の男たちの物語が紡がれる時、『殺し屋殺し』は現れるーー。 

博多豚骨ラーメンズ TVアニメ化決定!!!! | メディアワークス文庫公式サイト

博多豚骨ラーメンズ 作品解説】

メディアワークス文庫木崎ちあきのデビュー作。アニメ展開あり。

明太子大好きなのんびり探偵・馬場、女装殺し屋・シェンミン、ハッカー情報屋榎田など、個性豊かなキャラクター達が絡み合っていくのが楽しい作品。

ちなみに『博多豚骨ラーメンズ』は、キャラクター達が属する草野球チームの名前です(笑)

  

GANGSTA. 1巻 (バンチコミックス)

GANGSTA.

【あらすじ】

 伝奇寄り。マフィアンバトルファンタジー。

犯罪都市で薬物漬けにされていた娼婦・アレックスは、何でも屋を営むウォリック、ニコラスに拾われる。

ウォリックは元お坊ちゃまで現ジゴロ。聾唖者ニコラスは『トワイライツ』という特殊な体質を持っていた。アレックスは2人に興味を抱くが、街ではトワイライツへの差別が激化していく。更に彼らは、マフィア間抗争に巻き込まれてしまい――!?

GANGSTA. 作品解説】

コミックバンチ発、コースケ作。外伝やノベライズも刊行されている。

ストーリーの進みが緩やかで、キャラクター同士の絡みや大胆な作画を楽しめる。書き込み少なめのスタイリッシュな絵柄。

アニメ放映中、制作会社が経営破綻するという憂き目にあった。アニメOP『Renegade』がめちゃくちゃカッコイイ。

 

 

殺し愛1 (コミックジーン)

殺し愛

【殺し愛 あらすじ】

 殺し屋組織に属する女性賞金稼ぎのシャトーは、ある日の現場で、謎の賞金稼ぎ・リャンハと鉢合わせる。圧倒的な実力差を見せつけられて万事休すかと思われたが、リャンハが要求してきたのは連絡先の交換。そしてその日から、リャンハにストーキングされる日々が始まった。

【殺し愛 作品解説】

pixiv発、Fe作。pixivでの閲覧回数300万を突破している。裏社会に生きる2人の恋愛模様がもどかしい作品。

「奔放な男と真面目な女」というラブコメにありがちな定型を、『殺し屋』というブラックな要素を絡めることで読み応えある作品へと昇華させている。

あくまで仕事人のシャトーが、飄々としたリャンハによって心乱されていく様は必見。サブキャラのインド人くんがかわいい。

 

ナイトメア・ファンク 1 (ジャンプコミックス)

ナイトメア・ファンク

【ナイトメア・ファンク あらすじ】

やや現代寄り。刑事ガンアクション。

 新米刑事の来栖日和は人が殺される予知夢を見る能力を持っているが、漠然とした情報しか得られないため誰にも信じてもらえず、いつも後手に回ってしまい、一度も殺人を防げずに苦悩する日々を送っていた。

そんなある日、日和は偶然出会った胡散臭い外国人・クラウス灰田が殺される夢を見る。

必死で灰田を探し回った日和は、遂に彼が殺されるのを未然に防いだ。

彼女の能力に興味を持った灰田は、自分のとある目的のためにパートナーとなってくれるよう願い出る。

露骨に犯罪者臭のする灰田に協力するのを躊躇う日和だったが、人命には替えられず、やむなく彼と手を組む決意を固めるのだった。(Wikipediaより)

【ナイトメア・ファンク 作品解説】

『八重の桜』 コミカライズ担当などで活躍する竹本洋平作。ジャンプSQで連載され、全4巻で完結した。

主題は重たいがすっきりとした絵柄で、コミカルなテンションで読み進められる。ヒロインがおねしょしまくるので注意(笑)

おすすめキャラクターは、盲目の姉トラーナ・声を失った少女ミフィの暗殺者姉妹。

 

Red Raven 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

REDRAVEN

【REDRAVEN あらすじ】

伝奇寄り。アクションファンタジー。

 イタリアを思わせる小国。かつてマフィアは権力への抑止力としてはたらいていたが、昨今は横暴が目立つ。治安を乱す荒くれ者を消すため、政府は赤いコートの狩人部隊を放った。それこそが、『レッドレイヴン』――!

謎の企業に身体改造された眼帯の青年・アンディは、レッドレイヴンの一員として戦い続ける!

【REDRAVEN 作品解説】

成田良悟バッカーノ!』 のコミカライズを担当していた藤本新太の作品。ガンガンで連載され、全9巻完結。

ガンガンらしい線の細い絵柄。

 

やんちゃに憧れる中高生向けから大人向けまで幅広くご紹介しました。気になるものがあったら是非読んでみてくださいね!

それでは、トーヤがお送りしました。