トーヤの創作メモ

漫画・小説紹介 / クリエイター向け情報 / 制作日誌

【漫画雑誌】メルカリはお得な処分方法か?

どうもこんにちは。トーヤです。

f:id:yes108:20170925160103j:image

今回は、ジャンプやちゃおなどの漫画雑誌を処分する場合、 果たしてフリマアプリはお得なのか?を考えてみたいと思います。

 

漫画雑誌には、コミックス収録時の修正前の生原稿だけでなく、新人作家の読み切りやカラーページなど、貴重なものがたくさん載っています。特に新人作家の読み切りは、コミックスが出ない限り二度と世に出ないもの。一回限りでは残念です。できることなら、欲する誰かにお譲りしたいですよね……。

 

■メルカリはお得なのか?

f:id:yes108:20170925155936j:image

 

自分で価格を設定できるのが魅力のメルカリ。数年前の少年雑誌を出品したところ、早速買い手がつきました。

しかし、ここで問題発覚。
圧倒的ボリュームだけあって、郵便規格の『厚さ1cm』『重さ1キロ以内』に引っかかってしまいました。
つまり、送料がとっても高かったんです。

 

漫画雑誌の送料

新聞など、指定郵便物に含まれていれば若干割り引いて郵送できます。しかし、漫画雑誌はそうはいきません。

 

ゆうメール
最安値で発送できる。

規格外・1キロ以上2キロ以内の場合、560円。


普通郵便(定形外)
なんと1000円超……。

 

 

ブックオフで売れる?

f:id:yes108:20170925160550j:image

一般的な漫画の場合、1冊10~50円程度というとても安い値段で買い取られてしまいます

そして雑誌。ファッション雑誌やビジネス誌などは、発売から五年以内なら買い取られます。

ですが、週刊・月刊刊行される漫画雑誌は、買い取ってもらえません。

たとえ値段がつかなくても処分して貰えるところは楽ですか、これでは……(笑)

 

■結論

中古雑誌を高価格で出品しても売れにくいです。

ミックスではなく漫画雑誌を出品する場合、送料の回収が肝。

 マニアにとって価値があり、送料をプラスした高価格でも売れるほどのプレミア品なら、メルカリはお得かも。あ、転売はダメですからね!!(笑)

 

それではまた。