トーヤの創作メモ

漫画・小説紹介 / クリエイター向け情報 / 制作日誌

地雷属性は消極的嫌悪すればいい

地雷

270/365

『地雷』という言葉がある。
同人の意味での地雷は、作品・キャラクター・カップリングなど、苦手・嫌いなもの全般を指す。

「地雷」(じらい) とは、関わったり近づくと酷い目に遭う、不幸になってしまう…といったような意味の若者言葉の一つです。

地雷/ 同人用語の基礎知識

今回は地雷との関わり方について考えていく。

 

地雷との関わり方論争

Fight!

Twitterやpixivなどのサイトで地雷を明記するかしないか、というネタがしばしば俎上に載せられる。

 

地雷明記賛成派の意見

趣味の世界くらいストレス少なくいたいし相手にも出来るだけストレスを抱えさせたくないと思っています。
お互いに拘りの垣間見える世界ですから、意見が食い違って腹が立つこともあるでしょう。それは個人的にはOKです。どの髪型が一番萌えるかとかそう言う勝利の見えない争いとか大好きです。
私が嫌なのは、楽しい趣味の時間のはずなのに延々と嫌いな物の褒め意見話を聞かされたり相手に聞かせてしまう事です。
相手の嫌いなものを知る事でその状況を回避できるならそっちの方が良いじゃんと思います。

同人的地雷についてのお話 | 引きこもりのチラ裏です。

 

「何が嫌いかよりも何が好きかで自分を語れよ」じゃなくて「何が嫌いかよりも何が好きかで自分を語るよ」ならば問題ないと思います。マナーはそれを他人に強要した時に暴力に変わる。

 ・「苦手表明や嫌い語りに私は傷つく」という人も勿論いるだろうけど「同じものが嫌いだとわかると私は癒される」という人もいるんです。逆リバに対して、少なくとも私はそう。

二次創作同人において「嫌い」を表明することについて - Togetterまとめ

 

反対派の主張は、調べる限り明確に記されている意見文は見つけられなかったが、「自分の好きなものを『地雷』と明記されるのが辛い」「何かを嫌いと名言する人は嫌われやすい」といったものだ。

 

見解

Imagine

同人でのカップリング論争はさながら宗教戦争だ。教義も神も全く違うのだからお互いの尊さはなかなか相容れない。しかし、史実の宗教戦争で、幸せな結末に終わったものがいくつあるだろう?

 

自分の話をしてみる。

自分は三次元女装男性があまり得意でない。しかしだからといって、そういった趣向を持つ人を直接貶したり否定したりはしない。

なぜなら、その人にとっては生きがいであり、大切な趣味だからだ。自分が持つ創作趣味のように。
だから自分は、苦手で見たくもないものがあったとしても、それを愛する人は尊重していきたい。同じように、トーヤのことが苦手で嫌いで見たくもない人がいたとしても、自分はその人を認めたい。

 

苦手なものを無理やり好きと偽るのは、大好きなものを無理やり嫌いになるのと同じくらいつらいことだと思う。世の中には様々な人間がいて、様々な意見嗜好があって当然だ。相手の人間としての尊厳に関わる話でもないのだから、「嫌い」の気持ちを抑える必要はない。嫌いでいていいんだ。

けれど、抑える必要がない、といっても、愛好家を直接中傷したりマウンティングに走ったりするのでは知性が欠如している。鉛筆片手にチラシの裏にでも殴り書きしておけばいい。
近付きすぎてお互い不快な気持ちになるより、そっと距離をおいて共存する。その方がお互い幸せになれるだろう。
だから自分は、「地雷は消極的嫌悪のままでいい」と言いたい。嫌いだとしても余計な火種は撒かなくていいし、宗教戦争などはじめから仕掛けなくてよいのだ。

 

今回のまとめ

今回の記事をざっくり纏めると、タレンタイアによるヴォルテールの言葉に行き着く。

私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る

 ヴォルテール - Wikipedia

 

あるいは、同人界に古くからある 『自分の萌え属性は誰かの地雷、自分の地雷は誰かの萌え属性』だろう。

 

同人は趣味の世界だ。たかが趣味、されど趣味。お互い楽しめるように、自萌えを叫ぼう。